Al・May・PuPu 2012

我が家のにゃんこ達

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

月光に輝く八ヶ岳 

2007/02/06
Tue. 14:40

月光に輝く八ヶ岳Sandia CAFEで食事をした帰り、普段懇意にしていただいている大泉のペンション「メルヘン」へと向かう道の途中から、月光に照らされた八ヶ岳を撮影してみた。

月の光は満月でも太陽光のわずか1/465,000しかない。人間の眼ではとてもこのように明るく見ることは不可能であるが、電子の「眼」CMOSは微弱な光をも捕らえることが可能である。こうしてみると見慣れた風景も非常に幻想的だ。

この月と星の光は我々の生活がどんなに変わろうが、たとえ人類が愚かな過ちを犯して絶滅してしまおうが、何事もなかったように夜の地表を静かに照らし続けるだろう。

何万年、何億年とこの地球が存在する限り・・・


撮影方法:
通常満月の夜は夜空が明るくなりすぎてしまい、星の撮影には向いていません。そこでタイマーリモートコントローラーTC-80N3を使い、露光時間55秒、インターバル5秒にセットし、連続で10枚撮影します。その他の設定は以下の通り。

Lens: EF50mm F1.2L USM
F2.8 / ISO 200 / Noise Reduction ON / RAW

撮影後Photoshop CS2の描画モード「比較(明)」でlayerを合成して完成!
1分ずつ露光させることで、空が明るくなり過ぎずに星の軌跡を捕らえることができました。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。