Al・May・PuPu 2012

我が家のにゃんこ達

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

The Garden of Poppies /08 Part II 

2008/05/26
Mon. 02:31

DPP_0036
DPP_0035
同じ場所でもレンズが変わればご覧の通り、全く別の世界が広がります。
Lens:EF70-200mm F2.8L IS USM

スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

The Garden of Poppies /08 

2008/05/21
Wed. 00:02

DPP_0026
これからの季節の撮影では暑さ対策が重要ですね。
Nyaoのブログメイたんがゆく!でも写真公開中です!
DPP_0025

[edit]

CM: 1
TB: --

page top

ゴキゲン!MAYたん 2 

2008/05/20
Tue. 23:28

とっておきのゴキゲンなMAYたん写真、このブログをご覧の皆様だけに特別大公開!
写真をClickでさらに大きく表示されます。
DPP_0013
DPP_0014
DPP_0012

DPP_0011これらの写真はは4月末にフィオーレ小淵沢で撮影したものです。
stint(出し惜しみ)していたわけではないけども、気がついたらだいぶUPするのが遅くなってしまいました。<m(__)m>
今はもうチューリップは終わってしまいましたが園内はBlue Poppyなどが咲き始めています。

一緒に行ってきたReiさんのブログSignesでも紹介されていますので是非ご覧ください。

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

ゴキゲン!MAYたん 

2008/05/19
Mon. 12:19

DPP_0010
とびきり良い表情のMAYたんが撮れました!

[edit]

CM: 5
TB: --

page top

Contrasting Concepts 

2008/05/18
Sun. 20:16

DPP_0030
光と影、自然と人工、そしてMAYたん(笑)

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

INFIORATA Day & Night 2 

2008/05/09
Fri. 06:13

Looking down full view of the Infiorata from observation deck.
DPP_0021_48Q7764
Lens: EF50mm F1.2L USM
Left: F2, 1/60sec. ISO1600 Right: F2, 1/50sec. ISO1600
In the evenings, candle lanterns are put around the Infiorata.
DPP_0020
F2.5, 1/60sec. ISO1250
May wearing the Chinese dress!
DPP_0023
F1.2, 1/60sec. ISO3200

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

INFIORATA Day & Night 

2008/05/05
Mon. 15:11

DPP_0051
Lens: EF50mm F1.2L USM F1.2, 1/50sec. ISO3200
DPP_0050
F1.2, 1/40sec. ISO3200
DPP_0029
F4, 1/320sec. ISO200
DPP_0028
F4, 1/250sec. ISO200
Location: RISONARE

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

MultiSync LCD3090WQXi 

2008/05/05
Mon. 14:40

_48Q7739
さて、今日は私の使っている液晶モニタのお話を・・・
これまでEIZOのL997とL567というサイズ違いのモニターをDualで使って来ましたが、やはり使い勝手がいまいちでしたので、大画面液晶モニターを購入することにしました。
Adobe RGB対応で30inchクラスという条件でいろいろ調べてみたところ、NEC Display SolutionsのMultiSync LCD3090WQXiがもっとも画質が良さそう(といってもこのクラスになるとほとんど選択肢はないが・・・)なので、さっそくネットで注文!
これの下位機種のLCD2690WUXiを都内の店頭で見たときも非常に発色が良かったので、これはいけるだろうと思いました。
実際使ってみての感想ですが、やはり草の緑の発色などがこれまでよりずっとリアルに表現できています。Adobe RGB比107%、NTSC比102%の広色度領域は普段EOS-1D Mark IIIのAdobe RGBモードで撮影している私にとっては、データの持つ本来の色を正確に再現するために、絶対に欠かせない表示性能です。
さらに、RGB各色で12bitのルックアップテーブルを持つ(つまり679億6723万色から約1677万色を選んで表示できる)ため、これまで見えてこなかった細かい階調表現が可能です。

ただしAdobe RGBの広色度領域を表示できる液晶モニタとブラウザはまだまだ一般には普及していませんので、写真をブログに掲載するときには、sRGBに変換しています。この発色をそのまま伝えられたらいいのになあと思いますが、色を正確に「伝える」ことについては、まだまだ発展途上なんですね。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2008-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。